今年のドイツの冬は、寒い時期が長すぎ。
なんと40年来なのだそうだ。
それにこのところ氷点下が2桁になっている。日中でも氷点下。

朝など、どこもここも真っ白けだ。

雪だと思うでしょ?
ノーノー。
もはや雪なんてトレンディではありません。

いつも世の中の一歩先行くつるちゃん。
あは。

だから雪でなくてなんなのよ?

それは…
「樹氷」。

そう。アルプスに行かなくたって、
家の窓の外から樹氷が眺められるのだ。
安上がりィー。

庭に放置されているガラクタや、伸び放題の木も
樹氷で白くなれば、幻想的。

このまま溶けないでー!って
神様にお願いしたくなる。