この間新聞で、どこだったか国名は忘れたけど、
心理学者が、音楽家というものについて定義していて、
それによると、
他人との交わりにくさ、内向性や独立性、分裂気質
というのを挙げていた。

とても納得するところがあった。

だけど、

ハテ?

たしか音楽は人間の心を豊かにするとかって
謳ってなかったっけ?

だから楽器を習いましょう! って。

そして、
たとえばピアノなんかを習うと、
毎日の練習が大切。努力は美徳…。

そしてがんばれば、ほめられる。

そのうち、
ピアニストになりたい!
などと、宣言した暁には、
家族が総出でバックアップ。

いつの間にか人生の最大目標になっていたりするのだが、
しかし、
音楽家になったら、

他人との交わりにくさに、分裂気質……。

人の心が豊かになった果てはそういうことなのか…。


世の中の矛盾はたくさんあるけど、
ここでも見つかった。


しかし、
見つかった事例が、
ここにもいる、
ということを知るのは、
複雑だ。